【大和店スタッフ】インテリアから始めるサスティナブルな暮らし

はじめまして。
大和店スタッフの伊東です。

近頃サスティナブルという言葉をよく聞くようになりましたが、
大量消費の時代からようやくモノは使い捨てるのではなく
その時々のライフスタイルに合わせて大切に育てて行く生き物へと人々の価値観が代わり
社会がより生きやすく、ヘルシーで軽やかに変化しつつあるのを感じます。

今回ご紹介するTIP TOEはフランス発のインテリアブランド。
2015年にパリで設立され、美しさや利便性、耐久性を兼ね備え
環境にも配慮されたアイディアが込められています。

取り外し可能なテーブルレッグはダイニングサイズに便利な75cmとコーヒーテーブルサイズの45cm。

マットな質感とモダンなシルエットがスタイリッシュで
脚の取り付けは女性の私でも10分程度で出来る程シンプルな構造です。

カラー展開もフランスらしいマニッシュな質感があり、
自然や植物からインスピレーションを受けた名前がそれぞれに付けられています。

ローズマリーグリーンやユーカリグレー等
物質的な素材の中に植物性をを感じられる作り手やデザイナーのフィロソフィが素敵ですよね。



また、弊社でご用意のあるヴィンテージ天板等と組み合わせるのもおすすめです。


ヴィンテージ天板は木材の色合いや小傷などの経年変化による風合いが
それだけで、空間に立て付けではない重厚さを出してくれます。


ウォルナット色の天板はTIP TOEと合わせることで重たくなりすぎずモダンな空間との合わせもしやすくなったり、
赤みのあるチークウッドにカラーレッグを組み合わせて北欧らしいスタイリングにするのも◎


気分に合わせて天板を変えたり、一時的に脚を取り外してプラクティススペースとして空間を使用したり
家具主体にならずに身軽でいられるアイディアが今の時代ともフィットするのかもしれません。


先日、東京現代美術館で開催されていたジャンプルーヴェ展に行ってきましたが、
フランスの家具界における構築への哲学や排除することで生まれるシンプルな美しさに感銘を受けました。

TIP TOEはジャンプルーヴェやシャルロットペリアンからも多くの影響を受けていて、
解体可能であるということで広がる様々な可能性や、利便性だけではない美しさを追求しています。


テーブルは一度買ってしまったらそれ以外の使い方は難しいし、
引っ越したら部屋の雰囲気と合わなくて、家族が増えて大きさが必要になって、新しい家には大きすぎて等、、、
気に入っていた家具でも手放さなくてはいけないシチュエーションも多いはず。

TIP TOEであればダイニングテーブルとして使用していたものを子供用の勉強机にしたり
様々な使用用途に対応しているのが嬉しいポイントです。

また、リサイクル可能なスチールやアルミニウムやヨーロッパ産の木材を原料としており
製造から使用、廃棄までに好循環の流れを生み出しています🌿

数年使ったら捨ててしまうような安価なファストブランドも便利だけれど、
愛情をかけてながく使えるもの選びに、生活を豊かに出来るお買い物をサポートさせていただけるよう
皆様のご来店をお待ちしています。

コメントを残す

すべてのコメントは公開前にモデレートされます